読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタク的ミニマリスト

こんにちは、すずかです!

 

私は自他共に認める(と思われる)オタクなのですが、

とにかく漫画が大好き。

 

昔から本全般を読むのが好きだったのですが、

漫画はもう本当にいくらでもいつまででも読んでいられます。

 

初めて全巻揃えた漫画は「シティーハンター」。小学生の頃でした。

アニメから入ったのですが、アニメでは音楽にもハマり

おかげでTM NETWORKを知り(当時知った時には解散後と言う悲しいタイミングでしたが、その後の再始動からの去年はライブにいっぱい行けて大歓喜!!)

そして冴羽 獠はいまだに理想像になってるくらいのw

 

で、そこから着々と数を増やし、

一番多い時でたぶん1000冊ゆうには超えてたかと…。

一回読んで面白いと思ったものは手放せず

そこに加えて毎月最低10冊は買っていたのでそりゃもう増える一方でした。

 

f:id:suzukan:20160121174149j:image

こんなボックスを漫画のサイズに合わせてDIYしたり

置ききれないものは実家に置いたり(←一番ダメなヤツ;;;)

 

 

で、読んだ本をなんで手放せなかったか。

 

自分がいつでも読み返せるようにしたい、と言うのはもちろんあったのですが

「人に見せたい」

これが大きかった。

 

友達がうちに遊びに来た時にオススメあるー?って聞いてくれたり

喜んで読みふけってくれるのが嬉しかったり。

 

でも、それとは逆に、オススメしても手に取ってもらえないと

「読んだら絶対面白いのに」って変に苛立ったり悲しくなったり。

 

楽しんでくれるのが嬉しいのはまぁイイとして、

気に入ってもらえないと否定された気分になるだなんて。

バッカじゃなかろうか。。。

 

そう気付いた時に

大量にただただ持っていることがバカバカしくなり

 

f:id:suzukan:20160122150418j:image

ぜーーーーーんぶ手放しちゃえ☆ミ と。

(写真は氷山の一角) 

 

本当に必要だったら、また手元に戻ってくるもの。

読みたくなったら レンタルだってあるし。

またこれだけは手元に置きたい!と思ったら電子書籍で買えばいいし

 

一度に読める本はどうやったって一冊だから、全てを持ってる必要はない。

 

そう思って、「いままでたくさん楽しませてくれてありがとう」と

箱に入れていきました。

 

ちなみに、ほとんどの本は

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

に買取に出すことに。

 

ここの「あんしん買取」は、買い物をするように自分で商品を検索してカートに入れていくので

だいたいの買取金額の目安が送る前に分かります。

特に全巻セットとかはかなり高額で売れるのでお勧め。

 

しかし、

ただ所持していただけの私の本は

日焼け・しみ・湿気でべろべろ・やぶれ

等もけっこうあり、買取不可とか金額ダウンも多々。

 

ああ、大事にしてあげられなくてごめんね。。。

と悲しくなりました。

 

捨てないことと、大事にすることはイコールじゃない。

 

これからはきちんと大事にできるものを大事にできる量だけ持っていたいなと

改めて心から思いました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 インテリアブログ ペットと暮らすインテリアへ